日本语
かんご - 中文
えいぶん - English
メニュー

吉報!途鴿科技が国家級「ハイテックカンパニー」と認定を受ける

日付: 2019-12-23

12月18日、今年上海臨港に拠点を設置したまもなく国家級ハイテックカンパニーと認定を受けてハイテック企業の仲間入りを果たした上海途鴿データ科技有限公司は、全世界に先駆けるクラウドコミュニケーションIoTプラットフォームとしてイノベーションが持続可能であり、さらに知的財産権を数多く有すると共に速やかな事業成長を遂げています。


吉報!途鴿科技が国家級「ハイテックカンパニー」と認定を受ける


「グローバルを繋がる、自由自在」をビジョンに自社開発グローバルクラウドコミュニケーションプラットフォームをベースに構築を行ったのはイノベーション型グローバルクラウドコミュニケーションIoTプラットフォームです。IoTの様々なシーンやサードパーティ端末によるグローバル市場進出に向けて、自社が開発されたソフトウェア・ハードウェアソリューションを活かし、安全かつ信頼できるコストパフォーマンスの高い3G4G5Gのワンストップ型接続管理・運営業務をワールドワイドでご提供いたします。5G+AI時代に対応するための新型IoTプラットフォームだけに、従来のIoTプラットフォームに見られる「断片化」、「ハイコスト」、「ハードルの高い集積」、「困難な海外進出」などといったデメリットを解消していることから、5G+AI時代における膨大なアクセスのニーズに応えられる即時接続サービスをご利用いただけます。


これまで自社開発とオープンな提携を持ち続け、技術革新によって業界変革をリードしてきました。核心的な自主知的財産権と特許技術を多数有し、整った知的財産権評価システムを構築しています。現在、中国・アメリカ・日本・ヨーロッパにおける数々の知的財産権のローカル化を果たしたため、ますますコア技術の優位性が顕著になっていき、さらに技術成果も世界市場での有利な立場の獲得を加速させています。


130カ国以上や地域で世界100以上の通信キャリアと業務提携をしており、特にクアルコム、MTKSpreadtrum らチップ開発企業とは深いパートナーシップを結んでいます。当社クラウドコミュニケーションプラットフォームは世界中に500社以上のパートナーと手を組んで事業を拡大しながら、20カ国や地域に重点を置いたローカル化を成し遂げています。

    ニュース / News もっと
  • クリック数: 0
    2019 - 12 - 23
    12月18日、今年上海臨港に拠点を設置したまもなく国家級ハイテックカンパニーと認定を受けてハイテック企業の仲間入りを果たした上海途鴿データ科技有限公司は、全世界に先駆けるクラウドコミュニケーションIoTプラットフォームとしてイノベーションが持続可能であり、さらに知的財産権を数多く有すると共に速やかな事業成長を遂げています。「グローバルを繋がる、自由自在」をビジョンに自社開発グローバルクラウドコミュニケーションプラットフォームをベースに構築を行ったのはイノベーション型グローバルクラウドコミュニケーションIoTプラットフォームです。IoTの様々なシーンやサードパーティ端末によるグローバル市場進出に向けて、自社が開発されたソフトウェア・ハードウェアソリューションを活かし、安全かつ信頼できるコストパフォーマンスの高い3G・4G・5Gのワンストップ型接続管理・運営業務をワールドワイドでご提供いたします。5G+AI時代に対応するための新型IoTプラットフォームだけに、従来のIoTプラットフォームに見られる「断片化」、「ハイコスト」、「ハードルの高い集積」、「困難な海外進出」などといったデメリットを解消していることから、5G+AI時代における膨大なアクセスのニーズに応えられる即時接続サービスをご利用いただけます。これまで自社開発とオープンな提携を持ち続け、技術革新によって業界変革をリードしてきました。核心的な自主知的財産権と特許技術を多数有し、整った知的財産権評価システムを構築しています。現在、中国・アメリカ・日本・ヨーロッパにおける数々の知的財産権のローカル化を果たしたため、ますますコア技術の優位性が顕著になっていき、さらに技術成果も世界市場での有利な立場の獲得を加速させています。130カ国以上や地域で世界100以上の通信キャリアと業務提携をしており、特にクアルコム、MTK、Sprea...
  • クリック数: 0
    2019 - 12 - 16
    2019年12月4日,北京にて中国チャイナモバイル通信連合会、中央財経大学ニューメディア産業財団より主催した「中国5G創新百人会・5G運営キャリア百人創新フェスティバル」が行われました。リーダーランキングTOP50に選ばれ参加者が大勢にもかかわらず勝ち抜いたCTO王凱航は「5G+技術パイオニア」賞を獲得しました。今回の受賞で、途鴿科技の5G+技術革新やビジネスへの貢献、エコシステムの構築が高く評価されていることがわかり、5G+スマートアクセスという分野の先駆者として、高い技術的優位性を有することも裏付けています。授賞式では、技術のフロントランナーである途鴿科技CTO王凱航は次のように感想を述べました。「『5G+技術パイオニア』という名誉ある賞を受賞させて頂き、喜びと感謝の気持ちで一杯です。これは5G+グローバルクラウドコミュニケーションプラットフォームと技術革新との融合成果を高く評価して頂いたことと同然であり、今後も引き続き努力を重ねて前進し5G+において世界へ貢献するモチベーションにもなっています」。5G IoEの接続には、5Gモジュールは欠かせない存在です。当社はクラウドコミュニケーションIoTモジュール2.0を率先的にリリースすることで、数多くの技術不足を補完しています。「より低い電力消費、より優れた集積、より簡単なメンテナンス、より高いコストパフォーマンス」など世界に先駆ける様々な特徴を備えているので、小売、運送・物流、IoV、工業検査を含めたM2Mの多数の分野に幅広く対応でき、グローバルでIoEの豊富な繋がり方をお楽しみいただけます。途鴿科技はクラウドコミュニケーションプラットフォーム5Gソリューションを通じて、グローバル化かつワンストップの接続力においてさらなる大躍進を見せつけています。当社の独創的なGlobal Cloud SIMの技術とソリューショ...
  • クリック数: 0
    2019 - 05 - 31
    5月29日,百度大脳エコシステムコラボ企画・AI市場発表会は深センにて開催されました。百度大脳のエコシステムに関わる重要なメンバーである途鴿科技はそのパートナーとして発表会に招待していただきました。招待に応じた途鴿科技創業者、代表取締役社長兼CEO張衡は『共に歩き、AIを暖かさが感じられるものにする』をテーマにしたスピーチを行い、ラウンドテーブルフォーラムに出席して業界の皆さんと当社が今まで歩いてきたAIの革新と融合の道程を共有しました。発表会において、途鴿科技創業者、代表取締役社長兼CEO張衡は途鴿や百度AI、Baidu Wi-Fi翻訳機の誕生と世界進出について語り、業界やマスコミから高い関心を集めました。海外旅行も途鴿の重要な事業内容の一つとなっています。2018年、世界中においてアウトバンド海外旅行者数が10億人以上にも達し、そのうち、中国だけで1.4億人超えです。海外旅行者にとっては2つの著しい難題に直面しているのですが、一つは世界中いつでもどこでもインターネットに接続できるかどうかということ、もう一つは異言語間のコミュニケーション。この2つのニーズに応じた大きな市場規模が求められています。1つ目の難題を、途鴿が既に解決していますが、どのようにしてより高い利便性をユーザーに与えられるのかについては、ちょうど百度大脳の翻訳技術と途鴿の通信技術との組み合わせで2つの難題を見事に解決できます。ユーザーをメインとする 当社は暖かさが感じられるAI商品を百度と手を組んで目指しています。これをもとに作り上げられたのは世界初のスマートWiFi翻訳機です。ユーザーを強く意識した商品であり、海外での「インターネット接続」と「コミュニケーション」向けに生まれています。トラベラーにとって最も望ましいグローバルWiFi、音声翻訳、スポット案内、スマートアンサーといった4つの中核的な機能を搭...
私たちに従ってください
ピジョンサービス番号
途鳩購読号
Copyright ©2019 - 2020 上海ウェイピジョンデータテクノロジー株式会社
プライバシーポリシー 法律上の声明
犀牛雲は企業クラウドサービスを提供します。